軽井沢旅行2日目、そして伝説へ

軽井沢旅行2日目ー。
伝説なんて何もないんだけどね!

起床!した後すげー眠い目を擦りながら(まあ朝方までテレビ見ながらビール飲んでれば当然眠いので自業自得と言われればそれまでですよねー)昨日夕食を食べたレストランに向かって洋食モーニング。パン中心の朝食とか何年ぶりだ…というぐらいの感じで。でも焼きたてのパンは美味しいので朝からモリモリ食べてお腹いっぱい幸せいっぱい。

朝ご飯食べてベットでダラダラしてたら、うとうとしてしまうとか(=w=
しかし、朝から全然涼しくてこれはホントに避暑しにくるわなーと言う感じ。

今回も写真が結構枚数有る感じなので続きを読むからどうぞどうぞ。

チェックアウト後はおみやげを物色しに再び軽井沢銀座へ。いつも野沢菜だったので今回は真逆のジャムを買おうかなと色々試食した結果セルフィユのあまおうジャムとさくらんぼジャム、プリンジャムの3種類を買って帰る事に。プリンジャムはかなりかわりものだったけどパンに塗って食べたら予想外のおいしさですた。

雷亭そば三昧

お昼は軽井沢銀座の雷亭にてそば三昧(メニュー名)。ノーマル・とろろ・ゴマと3種類のそばつゆで食べる十割蕎麦はふらっと入った店だったんだけどコシも蕎麦の風味もバッチリで良い感じ。ただゴマのそばつゆは底にゴマが異常に沈殿してて最後になればナルホド濃くなると言う謎仕様だったぐらいかw

◆雷亭
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢632
電話番号:0267-42-2765(FAX兼用)

ちもとの宇治金時

蕎麦やからつるや側にちょっと歩いた所にあるちもとという和菓子屋さんへ。ここでなつみかん氷(写真は撮らせてもらった宇治金時だけど)とちもと餅(後から気が付いたけど後ろから読んでも、ちもともち。)を注文、なつみかん氷は底になつみかんシロップ、上にプレーン氷と崩して食べる形でさっぱりしてて非常に夏向けでおいしかった!ちもともちと少しもらった宇治金時も流石和菓子のお店という渋い味でこちらもGood。

◆ちもと
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢691-4
電話番号:0267-42-2860 営業時間:10:00?18:00

えーりん!えーりん!

そういえば泊ったホテルの向かいに合ったお店。
( ゚∀゚)o彡゜えーりん!えーりん!
こういうのを撮っちゃう自分はやっぱりダメだ。

Aril brikha風

その後なんか14時から別行動、自転車で軽井沢散策。軽井沢銀座の例の電話ボックスを右手に曲がって迷ったらどうしようとかそんな事は別に気にしないで適当にふらふらと。まあ方向だけ覚えてれば何とかなると思ったのと携帯電話があればGPS機能で何とかなるだろうという感覚で。こういう光がすきまから差し込んでくる絵はかなり好き。


一応動画もとってみた。なんでニコニコかっていうのは聞かないで!
まあ、ようつべに高画質に上げるFLV形式のエンコードが面倒だから、とか。

懐かしのEF63とご対面
軽井沢駅の外から見える懐かしのEF63。解る人にはものすごい懐かしい、軽井沢駅旧軽井沢駅舎記念館に行こうと思ったんだけどすでに閉館時間を過ぎていた為に入れず、ガッカリしながら作の外から悲しく撮影。時間がもっとあれば横川や鉄道文化むらの方にも行きたかったんだけどなあ。

矢ケ崎公園木造橋

駅から碓氷峠の方向に向かっていく途中にあった公園。遠目から見たら鉄筋かと思ったんだけど近くで見たら全部木造橋。天気はこのぐらいから曇り始めてきてどんよりどよどよ、いつ雨が降ってもおかしくない状況…かと思ったら若干日が差してきたりとなんだかよく分からない天候。

矢ケ崎公園

まあ、山の天気は変わりやすいとか言うし、余り長居して雨降ってきたりしても困ると言う事で合流ポイント(っつっても泊ったホテルの1Fのオープンテラスだけど)へ移動して気が付いたら1時間ぐらい寝てたらしい…まあ当然朝方まで以下略だったら眠くもなるわな!

フレッシュひたち。

と言う事で帰りの新幹線では超爆睡をして気が付いたら上野着、上野の駅で地下ホームから上に上がった瞬間非常にじめっとした感じの厚さが襲ってきて気候の違いを思いっきり体感しつつ、駅で夕飯食べてへとへとになりながら1時間電車載るのもかなりだるかったので帰りの電車も特急で帰宅する事にー。

しかし、自転車で数時間走ってたせいか腕が変な焼け方をして非常に困る|´Д`)
まあでも全般的に風が非常に気持ちよくて、気温的にも涼しくていい避暑旅行でした。

Similar Posts
スポンサーリンク

スポンサーリンク