アニサマ初参戦。Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE- 1日目行ってきたよ感想レポート等。

2013-08-23 13.57.17

行きたい行きたいと思いつつもいつもWIREとカブってたために行けなかったアニサマ(Animelo Summer Live)2013に参加してきました。8月最後のイベントと言う事で気合い!入れて!行きます!(比叡ちゃん風

大宮でオムライスを堪能した後SSA入り、けやきひろばは凄い人数。
ざーっと見た感じはモノノフとラブライバーの2大勢力。モノノフもそうだけどラブライバー多すぎワロタww

ももクロが出るイベントに行くのは初めてだったんだけども、初アニサマの僕から見ても明らかに周囲の雰囲気と異なる感じで、それもそのはず原色系ビビッドな色の法被や服を着た人が多く、年齢層も上はかなり行っているのではないかと思う人から凄い若い子まで幅がもの凄い広かった印象。

ラブライバーは体感3割程度の印象で、3rd Live Tシャツきてる人がもの凄く多かった。男性のみならず女性の方も着てる人いっぱい。こっちはどちらかというと20代?30代が中心の感じでしたね。まあ年齢層高めの方はいたのだろうけどけやきひろばでは余り散見されなかったかな。
僕もそうだけどアニメ化以降男女問わず急激にラブライバーの数は増えていったことは間違い無い。

2013-08-23 14.43.31
15時近かったし入場にそんなに手間取る感じではなくするっと入場だったけど金属探知チェックがあるのは意外だったw
鞄の中身チェックは大体何処のライブ会場でも一緒の
「カメラとか録音機器無いですね」「無いです」「はいどうぞ」
案の定ザルでした。

2013-08-23 14.45.28
入り口入ってすぐの花コーナー、入ってすぐCygamesが本気出してシンデレラガールズに気合いの入った花を贈ってて本気度を感じましたね…。1人につき1本で合計10本、しかもかなり気合いの入ったスタンドフラワーだったし入っていきなりこれはかなりインパクト大。

2013-08-23 14.46.03
部長への花はブラッドラッド制作委員会から。明らかに左のスタンドフラワーは3日目にも使いまわされる運命な予感がある…。

2013-08-23 14.46.37
アニサマ宣伝大使(自称)のうーさーより。完全に自分の名前の方が大きく入ってるじゃないですかこれじゃあまるで自分の名前を売ろうとしてるようですよ!!!!!うーさーは一体どこへ行こうとしているのだろうか…あ、アニメ2期決定おめでとうございます。

2013-08-23 14.46.54
気合いの入ったプロデューサー一同より。
Cygamesのスタンドにも負けずとも劣らないクオリティのスタンドフラワーでしたよ…!

208扉15列はステージもやや遠いけど見えないという程でもなくかなり良い位置!
左後列4人がモノノフで周囲の残りは大体ラブライバーという凄い絶妙な座席に。
マナーはいい感じの人が多くて厄介系の熊手やら改造系サイリウム持ってる人はいなかったので非常に安心しましたね。前列の人がかなりの逃げ先行型だったらしくバテたのか後半戦から静かになってたのが印象的でした。

待っていると流れてる会場前の超A&G+の番組宣伝で既に荒ぶる人続出。まだはじまってねーよ。
そして続けて流れた会場側の注意事項がもの凄く長い。まだ終わらないのか!って言う位長かった…。
そして会場側注意事項の次はアニスパコンビ(鷲崎健&浅野真澄)による注意事項。

かなりふざけた感じで
「誘導灯などサイズが大きいものは使わないでくださいね!」
「まぁ、そんな事をする奴はいないと思うけどねーw」
「通路は走ったり席の交換はしないでくださいね!」
「まぁ、そんな事をする奴はいないと思うけどねーwww」
会場内は笑いが起きた。
しかしが後の惨劇を引き起こすことになるとはその時知るよしもなかったのであった。
後のアニサマ陸上2013である。

そして開演、このOPアニメーションの気合いの入りよう!!
各アーティストの名前が出る度に盛り上がる会場内。案の定ももクロとμ’s、ミルキィの所が盛り上がってたw

01 Celestial Diva / 茅原実里 & 宝野アリカ

オープニング動画の月夜のお城を背景にして歌う演出もかなり合っててバッチリ。
予習はしてたけど完全にスルーしてた。よくよく考えれば同日出演なんだし気がつこうぜ!と言う感じではあったなあ。

02 ムーンライト伝説 / ももいろクローバーZ
03 サラバ、愛しき悲しみたちよ / ももいろクローバーZ
04 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 / ももいろクローバーZ

ポップアップで登場したけどいきなり2曲目からかよ!!って思う人続出だっただろう。
そしてまさかのムーンライト伝説。まさかといった感じの曲にざわめく会場内だったけどこの曲はあまりにも有名過ぎるので大体ノレた。それにしてもこの曲の時だけ低音が殆ど出てなかった気がしたんだけど何だったんだろう。そういう曲なのかしら。
サイリウムのいろは辺り一色ピンク色。推し色にしてた人もいたけど8割方がピンク色で会場が染まってたかな。

サラバ、愛しき悲しみたちよはアニメノンタイアップだっただけあってモノノフ勢を中心に盛り上がったもののアニサマという場所を考えて全体的に辺りを見ると盛り上がり方が微妙な空気が流れてたので若干選曲難アリと言った感じだったかもしれない。かといってアニタイと考えるとじょしらくだけどあれは別名義だからなー、なかなか難しい所ではあるよね。無限の愛は分かる限りでコールさせて戴きました。ご確認下さい。

スクリーンに時計が投影されて時間は23時55分、ももクロの「今何時?」「そうね大体ね?」「もう遅くなっちゃったから帰らなきゃ!」ももクロがステージからはけた後、時計が0時を指す、0時と言えばシンデレラ。神繋ぎでした。

05 お願い!シンデレラ / アイドルマスターシンデレラガールズ
06 輝く世界の魔法 / アイドルマスターシンデレラガールズ

お願い!シンデレラのコールはキッチリ予習していったものの周囲では余り反応が良くなかった印象でちょっとしょんぼり。更にサイリウムの色も殆ど青一色に近い様な状況でこんなにもCoPがいっぱい居るのか!PaPとCuP涙目だな!と思ったけどそんな事は無いだろうという感じで周りにあわせたひとが多かった印象。でも盛り上がり方は異常と言って良いぐらいでハンパない盛り上がり。自己紹介10人分は長すぎだってばさw

輝く世界の魔法は出たばっかりのニューシングル。
シンデレラガールズは1曲予想だったので完全ノーチェックでしたね…。

07 Recall / Ray
08 楽園PROJECT / Ray

照明が赤くなる度に周りで
「アリプロか…?アリプロじゃないのか…?」
みたいな流れになってたけど登場したのはRayさん。Recall、振り付けもかなりいい感じで始めて生で見たけど友人がRayファンに堕ちたのも納得のパフォーマンスとかわいさ。ダーク感のある雰囲気のRecallから一転、早着替えで楽園PROJECT、明と暗の対比が素晴らしい。「サイリウムの色は好きな色で振って下さい」といわれてたので各々好きな色で会場がカラフルに。

噂に聞くと胸の大きさが凄いと言う話を聞いていたが今回の衣装ではあまり確認できなかったです。もう一回ぐらいどこかのタイミングがあればライブで聞きたいかなー。

09 DreamRiser / ChouCho

若干時間がかかって登場したフラッグを持ったマーチング部隊と共に現れたのはChouchoさん、もちろんガルパン曲でスタート。
DreamRiserサビのあたりで最終話の姉妹対決のあのシーンが流れて思わず涙腺が。あのシーンに重ねてくるのは反則です。
次の曲はなにかなーと思ったら

「どうもありがとうー!」

(゚Д゚)終わってしまった…。
てっきり2曲ぐらいでプリズマ☆イリヤのStarlogやるものだと思ってたのだけども。
欲を言えばMillion Of Braveryをやって欲しかったってのもあるけど、まず、ない。

10 telepath?光の塔? / 三澤紗千香
11 リンクス / 三澤紗千香

転換して画面スクリーンに映るは劇場版禁書目録。
となれば当然この人三澤紗千香嬢、白の衣装を纏っての登場。
衣装もそうだしスクリーン越しだけど初めて見たけど凄い可愛かったんですけどぉ。
それまで青一色の会場が「黄色のサイリウムを振ってくれると嬉しい」とのことで一瞬で会場は黄色に。
公式で出してるのもあって他色系ペンライト前提な感じで進んでた感じもありますね。
生で聞くTelepath、良さありました。

12 激情論 ? MASANIANISAMA / ZAQ
13 Sparkling Daydream / ZAQ

激情論(テレビサイズぐらいの長さ)から自己紹介、バックDJまさかのA-Beeさんの巧みなスクラッチングに合わせたZAQさんのフリースタイル風ラップ。中二病のキーワードが入った所で会場は一気にテンションアップ、もちろんSparkling Daydream、サビの「夢ならたくさん見た?」の部分、アニメのOP通りに前でくるくるするわけには行かないので会場のみんなでサイリウムを上にくるくるするのがとっても楽しかった!夢にまでみたアニサマの初舞台、初登場ながらもあのパフォーマンスとあの歌唱力は本気で凄い。てっきりみのりんとコラボ有ると思ったんだけどな?。

最初あのB系の格好した人はどこぞのダンサーかと思ったね、ごめんなさい。

14 ENERGY / earthmind

勿論最近のヒット曲、てっきりビビッドレッドオペレーションの4人の色通りにサイリウムの色が別れるかなと思ったけど会場は青一色、でも僕はわかひま好きなので黄色も振りました!!!初登場でアニソンタイアップ曲のストックは3曲だけどUCかFateのどっちか入れて2曲ぐらいやるかなーとおもったけど1曲で終了。
この部分だけはがっかりです!!

15 空色デイズ / 中川翔子

空色デイズきーたー!!てっきりベるぜバブやオカルト学院、ハガレンあたりのここ3年ぐらいのアニメ中心の構成で来ると思ってたので凄い嬉しい!
この曲ホント好きなんですよ。涙でかけたわ…。キンブレオレンジ不可避でした。

16 ペガサス幻想 ver.Ω / 中川翔子 & NoB
17 轟轟戦隊ボウケンジャー / NoB

完全にマイクスタンドパフォーマーの人だった。
や、ペガサスファンタジーも轟轟戦隊ボウケンジャーも激アツだったんですよ。
ただ若干この辺から腕がやや痛かったのが気になってきて抑えめだった感が。

18 豪食マイウェイ!! ? ガツガツ!! / 串田アキラ
19 宇宙刑事ギャバン / 串田アキラ
20 キン肉マンGo Fight! / 串田アキラ & ももいろクローバーZ

トリコ曲メドレーもアツかったけどやっぱりギャバンの盛り上がり方はハンパじゃなかった。
串田アキラがトリコに歌じゃなくて本人役として出演したことが明かされてざわつく会場。ネタか。
歌い終わった所で花道から伸びた先に特設リングが設置、そこに現れたのは

「週末超人、ももいろクローバー」
観客「ゼーーーーーーット!!!!!!!!」
歌で勝負をつけるお約束的展開、完全なる茶番だったけど盛り上がったw

21 DAYS / FLOW
22 CHA-LA HEAD-CHA-LA / FLOW
23 GO!!! / FLOW

おおおおおおおエウレカOPきたああああああああああああああ!!一人で高まってました。
周りをみても9割方が青色振ってる人だったけど、エウレカセブンに合う色といったら緑以外ないでしょ!
(よく分からないときは近くのエウレカセブンが好きなおとなのひとにきいてみよう!)
誰もが知るCHA-LA HEAD-CHA-LAでも大盛上がり。これは予習しなくても問題ない。

「グランロデオ兄さん」という名称が使われていたので相当仲がいいのだろうなあ。
GO!!!の合いの手を何度も練習するあたりグランロデオ兄さんの影響かなりありますね。
演奏もMCも経験を積んだバンドの安定感がアニサマでも十分発揮されてたので盛り上がったテンションで後半に続ける流れを作ってくれた実力はやはり場数を相当積んでる経験がかなりデカイと実感。初日のこのメンツにFLOWが居るのといないのとじゃかなりかなり差があったと言ってもいいぐらいだなと個人的には思います。

当然相当体力持ってかれてそろそろ休憩しないと死んでしまうと思った所で休憩タイム。
休憩の時に休憩明けはμ’sかミルホかなあと予想してましたが…

24 僕らは今のなかで / μ’s
25 START:DASH!! / μ’s

電気が消えて流れてきた曲は僕らは今のなかで。
周囲の人々(大半がラブライバーでした)が一気に本気モードに。
ももクロ、シンデレラガールズと推しメン、キャラ・属性の色を分ける所でまさかの1色だったので若干危惧してましたけどそんな危惧は全くの杞憂に終わるぐらいの会場は推しキャラの色でかなりカラフル。左隣の人が「真姫ちゃーん!」って言ってたので仲間意識が芽生えましたが何故か赤じゃなくて青を振っていたので見なかったことにしました。

MCの自己紹介では
「ダレカタスケテー」「チョットマッテテー」
「かしこい!かわいい!」「エリーチカー!!」
「にっこにっこにー」
といった恒例のコールアンドレスポンスもあり、近くのモノノフグループが「すげえ…」みたいな目で見ていたのが印象的でした。お互い様やねw
続いてのSTART:DASHは本当に予想外で、てっきりNo brand girlsか僕らのLIVE 君とのLIFE、Wonderful Rushあたりがくるのでは無いだろうかと予想していたものの、アニメ最終話で全員揃ってのSTART:DASHをみてつい泣いてしまった僕としてはこの選曲は神と言わざるを得ない選曲すぎた。

ありがとう…ありがとう…!(気持ち悪いです

実はμ’sのライブ今までタイミング合わなくて行けなかったので生で見るのは初だったんだけどやっぱり生で見るのと映像で見るのとじゃかなり差が凄かったし2月のSSA2Daysは都合付けてどっちか参加出来るのであればしたいなーと言う思いが。ライブを経てからより好きになるアーティスト結構いるんだよね。

26 影踏み / nano.RIPE
27 リアルワールド / nano.RIPE

最初アカペラスタートでズコー案件かと思いきやこれがいい感じ、さすがアカペラでスタートさせるだけあって歌唱力は凄い高い。
nano.RIPEはバンド名を意識するようになったのは魔王様からっていう後発組だったので、きっちりと予習するようになってから聞き始めたのだけども予習の段階でアルバムを通しで聞いて、かなり好きな感じの楽曲が多かった中でも好みの2曲やってくれたのでもの凄くテンサョン上がりまくり。nano.RIPEもかなりの実力派なのでアニタイとかそういうの関係無くワンマン行ってみたいアーティストですね。

28 ねぇ / 藤田麻衣子

しんみりと聞かせる感じ。だったけど会場の音響もあってかバラードだけどバラードとは若干違った印象。
事前情報では「白リウム推奨!」と言う感じだったけど実際は青リウムばっかりだったなあ。

29 DAYS of DASH / 鈴木このみ
30 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い / 鈴木このみ n’ キバオブアキバ feat. ZAQ

DAYS OF DASHのAサビあたりでアリーナB-Cブロックを駆け抜ける集団とソレを追いかけるスタッフ集団。
アニサマ陸上2013の開幕です…って本当に勘弁して欲しい本日ダントツ一番の厄介案件でした
アーティストの評価にも繋がると言うことを知ってるけどやっちゃうから厄介なんだろうな。

わたモテOP曲はキバオブアキバの人も交えつつツインボーカル。
DAYS OF DASHみたいなポップス曲もわたモテやCHOIR JAILの様なHR系にしろ歌唱力が本当に16歳ですか?恐ろしい。
ZAQさんがキーボードやってたのエンディングの挨拶の時に知ったよ…衝撃的でした。

31 ぐろーりーぐろーいん☆DAYS / ミルキィホームズ
32 正解はひとつ!じゃない!! / ミルキィホームズ

新曲はコールを覚えてる人がまばらだったのか僕の左席の人ぐらいしか聞こえてこなかったけどあの曲もミルキィホームズらしい楽しい楽曲間違いない。

そしてまさかの3年連続正解はひとつ!じゃない!!
「2年連続で同一曲を歌うのは余りない、3年連続ともなればもっと」というアニサマの今までの常識をぶっ壊したまさかの3年連続、色々動画ではその存在を確認していたものの実際ミルキィホームズが出るイベントってのは行った事無かったので、この曲は本当に振って、コールして相当楽しい事を身をもって体感しました。

家を買うならミルキィホームズですね。
そうですね、会場は緑一色でしたね。

33 禁じられた遊び / ALI PROJECT
34 聖少女領域 / ALI PROJECT
35 私の薔薇を喰みなさい / ALI PROJECT

去年は這い寄って登場だったけど、今年はソファーに寝ながら登場優雅すぎたw
禁じられた遊び→聖少女領域→私の薔薇を噛みなさいと新曲含めたローゼン祭り。
毎年毎年アリカ様がレコード会社にローゼン新作を歌わせて下さいと営業してる健気なエピソードもあり、「歌詞を深読みするとエロいので18歳未満のお子様は歌詞を見ないように」とのこと。アリカ様のMCスキル力の高さはいつも安定の感じで安心できる。

36 ViViD / May’n
37 アオゾラ / May’n
38 射手座☆午後九時Don’t be late / May’n

はてさて、アリプロが終わった段階でトリはみのりんか部長かの2択だったわけですが、曲のイントロがなってダンサーが出てきた段階で察しましたね。部長がトリでやって欲しかったけど部長のMCスキルも一時期に比べればマシになったけどやっぱり不安な所があるのでまあこれはこれで。事前の予測ではVivid、アオゾラは確定として後の1曲か2曲は今年マクロスが30周年と言う事で射手座orノーザンが入ってくるのではないかと予想してましたが見事的中。

終盤にバラード曲、不安だったけどVividで上げてアオゾラでしんみりさせてからの射手座の緩急の付け方は良いと思います。
しかし、若干盛り上がりに欠ける射手座聞いたのは初めてだった…。
もってっけーで盛り上がったけど若干の物足りなさがあったかな。

39 この世界は僕らを待っていた / 茅原実里
40 CRADLE OVER / 茅原実里
41 境界の彼方 / 茅原実里
42 TERMINATED / 茅原実里

2013のトリは2年連続みのりん。同行していった友達含めて周囲はみのりんクラスタがかなりいっぱい居たようで終始相当な盛り上がり方。
ガルガンティアOP、ディズガイアOP、ホライゾンOPとどれもかなり好きな曲だったので聞けて良かった。

MCはなんて言うか会場の反応が若干反応しづらい雰囲気が出てた気がしないでもない。
気のせいと言う事にしておいた方が良いのでしょうか…。

新曲は新作のアニメ映像がBGで流れてたんだけど
「京アニだ…」
「あれ京アニだな…」

などの声が聞かれるぐらいにわかりやすいキャラデザでしたね。
流石に新曲は会場はどうするべきかみたいな空気の探り合い感が否めなかったw

スッ…っと終わってしまってどのタイミングでアンコールのコールをしたらいいのか戸惑う会場内。

EN The Galaxy Express 999 / アニサマ2013出演アーティスト

てっきりアンコールで曲が終わった後に挨拶があるのかと思ったらまさかの曲間挨拶、演奏中に挨拶が挟まれたことによって若干聞きづらくなってしまうのと挨拶が「ありがとうございました」のような簡単なコメントばっかりになってしまったので来年はこの部分は何とかして欲しいかな。ミルキィホームズの挨拶の後の挨拶がμ’sだったんだけどそらまるとみもりんが横から顔をだしてカメラに写り込んでるのがおもしろかったw

曲が終わった後、最後はマイクなしで出演者一同挨拶して終了。
終了して客電点灯して数分で三本締めが始まる。
早すぎワラタwww

WIREが9月2週目にずれ込んだ事によってようやくいった初めてのアニサマはとても楽しかった。
例年参加してる人からすると色々批判するような点も有ったと思うし、厄介系な人も結構いたものの初参加の身としてはソレを上回るぐらい楽しくてあっという間の5時間弱、参加して本当に良かったと思います。来年の日程も発表になったけどこの日程で行けるかどうかまだちょっと分からないけど行けるのであれば来年も是非参加したいかなと。

Similar Posts
スポンサーリンク

スポンサーリンク