WIRE08行ってきたよレポート日記!

横浜アリーナ

夏の締めくくりとなった毎年恒例となった年に1回の長い日記という名のWIREレポのお時間です(笑)

Gvレポートよりもこっちの方がKIAIはいってるんじゃないかと言うぐらい書き始めたらものすごく超長文になってしまったので続きからどうぞ。mixiに乗ってるものと若干同じですが若干書き加えてたりする部分もありますのでもう一回見ていってね!

Youtube見ながら1人前夜祭とか意味不明な事をやってたので寝坊が心配されましたが、なんとか昼頃にバッチリ起床!これで勝つる!と思って余裕で起きて着替えて準備バッチリ!さあいくぞ!と思ったら急に降ってくる大雨…ということで今年も遅刻、ますたぁの人にTシャツを買ってきてもらって新横浜で移動。

常磐線の車内ではべーチャンのCD(Basic Channel/bcd-2)を聞いていたんだけど、上野でランダムかけたらマクロスフォルダに的中して射手座午後九時ライオンでWIREに行く前だというのにライオンが耳から離れなくなって非常に困る事態に(´Д`)いきのーこりたーいー

そして新横浜着毎年恒例のつばめグリルの前でますたぁと久しぶりの再会、毎年恒例のバンブルグステーキと生ビール!やっぱりここで食べないとWIREが始まらない!

で、食べてる途中に外を見ると超がつくほどの豪雨、待っててもあまり止みそうな気配が無いので傘をさしてアリーナへ、スロープ付近でベイダー卿と 2年ぶりの再会。ベイダー卿人気過ぎ。雨が若干上がってきたので入り口付近へ、ここで見知った顔数名が後から合流、そのまま開場時間になったので中へ。今年はスムーズに。

◆Disco Twins
去年もそうだったけどディスコじゃないツインズだったなあ。
序盤ミニマルスタートで中盤エレクトロ風味になったものの終盤になるに連れて再びまたミニマルっぽい感じになってたかな。
KAGAMIの最近のKaKaKa名義もミニマルだからさもありなんという感じだけどもディスコツインズに期待するものはちょっと違うのだよねー。
18:45分ぐらいに抜けてセカンドに移動。

◆Toby
序盤ミニマルスタートで後半に向けて盛り上げて行く感じ、中盤にでてたBugged Outのジャケットみたいな3人組はなんなんだろうなあ。よくわからないパフォーマンスw
そして終盤は若干予測してたけどないだろーと思ってたPerfumeがかかってヒャッホーウしたものの、最前列にいたせいか中音域で耳が結構やられてイタイイタイ。太いエレクトロベースはちょっときつかった。
やっぱりTobyさん終始楽しそうにプレイしてたのが今回も印象的。

◆Mickey Zhang
去年のライヴをみて今年も絶対見ようと思ったMickey Zhang、今年も琴との組み合わせセット。Technasia的サウンドであり中国という文化と伝統が生み出したサウンドというシンセ使いが今回のライヴでも印象的。最後に出てきた琴奏者の人のフリーダム奏法っぷりがすごかった。

ここらへんでフードコートでスーパー肉串タイム。ますたぁにビールを買ってきてもらって自分は牛串…とおもったら列のすすみ具合が遅い遅い。後から聞いた話だと鉄板(というかホットプレート)が1個故障してたらしい。人数分6本買うのに20分ぐらい待たされて非常にがっかりでした…ビールがぬるかったよ(´;ω;`)

その後、RSRのソフトクリームコーナーへ。いつもは深夜時間帯だったけど今回は早めだったので行列はそんなに多くなくてするっと買えた。やっぱりこのソフトクリームは濃厚でおいしいなー。1年に1回しか食べられないエクスクルーシブな味。
その後色々うろうろ。

◆Michel De Hey
フロアに入ったとたんにCompoundが聞こえてきてテンション上がった上にフレンチキスがかかって更にテンションが。後半十数分しか聞けてないけどもうチョット聞きたかったかなーと言う感じ。全ては肉串が悪い。

◆Denki Groove
瀧 歌 わ な さ す ぎ。
あと民族大移動がやっぱり酷い。DJブース前なのにKen Ishii空きすぎ。

◆Ken Ishii
周りがミニマルに移行する中ひたすら自分の道を突き進むDJプレイ、ケニシイさんには今後もこういう感じで行って欲しいかな、と言う感じ。SunriserのFLRミックスやらSunshineやらアゲめだったかな。あと今年もキュイキュイ言わせてました。序盤から。

◆SINO LIVE!
シーリング日本語喋る喋る(笑)
全部のライヴに共通することで毎年思うけど30分はちょっと短いかなーという感じ。
それでも2The FloorとIncidentやら、Tropicana(かな?)やらかかってて終始盛り上げる感じで気が付いたらもう終了時間!と言う感じ。VJスクリーンに映ったSINO LIVE!のロゴにちょっとグッとくるものが!最後は予想通りのずでーんずでーんのPontapeで終了。

卓球の最近回すサウンドはちょっと微妙かなーEnfantsかけてればいいってもんじゃないぞ!って事なのでサードフロア・企業ブースなどをこの機会にうろうろとすることに。

最初はサードエリア。ヤマハブースのTENORI-ON、前にやってる人が然全終る気配がなかったのでwktkしてたんだけどもがっかりしながら他の所を見ることにしてバッジガチャが有ったので野郎と思ったら200円しかなかったので1回しかできず。●KOMPAKTバッジが欲しかったけど当ったのは琉球…ディスコ…イラナイノでますたぁに投げつけました。

次に毎年期待をしながら当らないPioneerブースで抽選会。並んでる途中でいきなりDJVが目の前で当選するマジック( ゚д゚)その後並んでスロットクリア、トランプを引いたら腰に付けるキャリングバッグ当選ヽ(´ー`)ノ

Marco Bailey最初フロアに居たけどもますたぁが若干ヤバそうなのでスタンドへ。気が付いたら寝てた。Secret Cinemaが始まった直後にmixiをみたらLenfakiヤバイ、超ヤバイと書いてあったので向かったら待ち時間0ですんなり入場。

◆Len Faki
うん、言われてたとおりヤバイ!
Radio Slave系なエレクトロ/ミニマルを中心としたセットなんだけど音の鳴りのシンセが脳髄に響きまくりでかなりアツい。
最近のリリースと一緒で昔ほどド派手!って感じではないもののシンセのきっちり盛り上げる感じでこのひとは流石だなーと思わせるプレイ。
終盤にX-press2/Kill100(Carl Craig mix)でフロアの雰囲気はかなりマックスな感じになった所へ持ってきたのはまたもやフレンチキス!?
去年のメタモでRichie Hawtin Play以来流行ってるのかしらー。

Voigt見たかったけどもLen Faki蒸し風呂でやられたので撤退、フードコートで唐揚げ+ビールの組み合わせがとても美味しかった。

そんなこんなをしていたらVollalobosまで残り少し、クロークへいったら去年以上の大混雑っぷりで結構がっかりしてしまったが、並ばないことには始まらないので並ぶ。そしてVillalobosスタートから10分後に受け取り完了してダッシュでフロアへ。

◆Ricardo Villalobos
いやーやっぱりこの人凄い。
どこからこんな曲を仕入れてくるのかという謎のウワものが鳴り響くオンパレードw
そして聞いていた通りに作る曲とはかなり性格がちがってアッパー目のDJプレイ、プレイもどこかキマった感じの内容で個人的には凄い好きな感じ。
去年のShranz祭でしめるのもいいけどこういうのもアリかな。

そして終了予定時間の6:20になっても音がとまる気配がなし!やりたいほうだい!
音が小さくなって終るか!終るか!とおもったけど下でかすーかにベースの音がじわじわ鳴り続けててそこから音量が上がってまだまだ続くというのが2回ほどw

そして時刻は7時前、フロアに明かりがともりだして音もとまって拍手の嵐。
…が、スクリーンにはまだ恒例の「あの文字」が見えない。VJもまだやるの?どうするの?みたいな変な雰囲気になる中、アンコールスタート、アンコールでかかったのは三回目となるフレンチキス。そして7:05、完全に音がとまって全公演終了。

Thank you WIRE 10th anniversary!

毎年恒例のSeeyou next WIRE09という文字ではなく、Thank you 10th Anniversary WIRE08と言う文字がVJスクリーンに映し出され周りもざわついた状況で来年があるのかどうかが分からないまま帰宅。

今年、Lil Louis/French Kissのエディットっぽいのが3回かかってアンセム候補だなーと言う感じだけどもそれ以上にRadio Slaveがいろんなところで使われていた模様で、Grindhouse(Dubfire mix)が3回、Eyes wide openが2回でRadio Slaveが2回とRadio Slaveだけで5回もかかっているのか。一昔前のWIREじゃ全く考えられなかったような感じだけどもこれが今のシーンの流れなんだろうなあ、と言う感じ。いや、まあミニマルが悪いとかそう言うわけでは全くないので。むしろRadio Slave系(Rekid)とかは大好きですよ、脳髄直撃系なあたりとか。

しかし、今年はマナーの悪さが結構目立った感じだったかなぁ。TOBYさんのプレイ中にフロアの最前列なのに大声でしゃべり続けてる人がいたり、柵をへいきで乗り越えて隣のブロックに平気で移動する人続出だったり、フロアで平気でタバコをすってそこら辺に捨てる人とか、ゴミも平気で捨てる人とか、TENORI-ON体験に平気で割り込もうとする人だったりと、本当にこういう光景が今年は特に目立ってしまった。

幾らああいうイベント・年に一度のお祭りの場でハメを外したくなる気持ちも分かるけども、周りの人の迷惑っていうのを一切考えない人なんだろうな…ああいう人は。

HGSSのスタッフの人がフロアに落ちてるペットボトルとかを回収して袋に詰めたら1袋ぱんぱんになっていたのを持ち運びしているのをみて今年は余計がっかり。
エレグラもそうだけど、こういう事が起きて民度が下がってくるとイベント自体も危なくなってきてしまうので終るなら本当にこういう所なんだろうなあ、とも思ってしまった。

と、まあ良くない面も有りましたが何はともあれ参加した皆様お疲れさまでした!
楽しかった!
See you next WIRE09!(あるのか…)

Similar Posts
スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. いちか。 より:

    お?!!今年も盛り上がったみたいねぇ。
    卓球が好きだからWIREは友達と何度か行った事があるんだけど
    いつもいいとこで死んでる私(;´Д`)ノ
    来年どうなのかね?なんか気になる終わり方だのぅ…

  2. かれこれWIRE01から参加し始めて今年で7年、8回目!
    最近の卓球はなんかしぶーい感じのプレイが多いから今年は見なかったw
    大体スタンドでぐったりするのは終盤ぐらいでラストに向けて体力温存だなー。
    来年もきっとあると信じてる!10年目だしね!